医療について 動物犬猫等の悪性腫瘍/癌治療方法 最新医療の第4の獣医師免疫細胞療法治療法

動物 獣医師 癌 悪性腫瘍 研究会 免疫細胞療法 犬 猫 大阪市
獣医免疫細胞療法研究会 TEL 06-6452-2323
最新医療の癌/悪性腫瘍治療方法
研究会TOP > 癌治療の現状 最新医療の悪性腫瘍治療方法

がん治療の現状

現在、がん治療は、以下に上げた3つの方法が一般的です。

手術
 メスによって病巣を切除する方法です。
 しかし、転移した場合、手術では切除出来ない場合があります。

放射線療法
 がん病巣めがけて、数回にわたり放射線を照射し、そこにあるがん細胞を消滅させます。
 しかし、がん細胞周辺にある正常な細胞まで破壊され、それが副作用となってあらわれる場合があります。
 又、動物に放射線療法を行う場合は、全身麻酔が必要となり、体への負担も大きくなります。

化学療法
 抗がん剤を内服または静脈注射により投与して、増殖中の細胞を殺傷する方法です。
 正常細胞でも、特に増殖率の速い、白血球・毛根細胞・消化管上皮細胞などに対しても毒性が生じます。
 そしてこれが副作用となって現れてきます。
 副作用に見合うだけの延命効果は、期待できないのが現実です。

最新医療第4の治療法、免疫細胞療法とは

副作用の強い化学療法の限界も明らかなになりつつあり、患畜の生活の質(quality of life:QOL)に対する関心や要望も高まってきました。

また、がん患畜の高齢化も進み、過酷な化学療法を行うことが適当でない患畜も増加してきました。

このような状況に対応して、高いQOLを保ちつつ行うことが出来る治療法が待望されています。

この期待にこたえることが出来るのが免疫療法です。

最新医療の治療方法
最新医療 獣医学の医療

PAGETOP

最新医療 動物犬猫等の悪性腫瘍/癌治療方法 最新医療の第4の獣医師免疫細胞療法。最新医療動物犬猫等の癌治療法.獣医学医療
医療治療法研究 獣医学の最新医療治療法

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。