リンパ球療法治療例_動物犬/猫の悪性腫瘍(癌細胞)の治療で効くか?治るか?治療方法

動物 獣医師 癌 悪性腫瘍 研究会 免疫細胞療法 犬 猫 大阪市
獣医免疫細胞療法研究会 TEL 06-6452-2323
癌・悪性腫瘍の治療例
HOMETOP > リンパ球療法治療例 ※T-DCDキットの治療例ではありません

アカラス症例

フレンチブルドッグ(8ヶ月・メス)
明らかに脱毛部分が小さく目立たなくなっています。

Before After
     
 治療 悪性腫瘍_癌 癌・悪性腫瘍の治療 
治療 癌・悪性腫瘍 治療 悪性腫瘍_癌


腫瘍症例

雑種(14歳・メス)
赤みが引いて少し腫瘍が小さくなっています。

Before After
     
 がん(悪性腫瘍)治療   癌(悪性腫瘍)治療 


脂漏性皮膚炎症例

シーズー(7歳・オス)
最初は、まるでへアレスドッグのような状態でしたが、段々とシーズーらしくなってきました。
(画像をクリックすると大きな写真を見ることが出来ます。)

癌・悪性腫瘍 悪性腫瘍・癌(がん)の治療例    癌・悪性腫瘍
         
治療開始直後   2ヶ月後   4ヶ月後 

※このページのリンパ球療法の治療例です。T-DCDキットの治療例ではありません。

リンパ球療法の詳細はこちら


免疫細胞療法資料PDF


お問い合わせはメールにてお願いします
癌の治療例のお問い合わせ

PAGETOP

治療例_動物犬/猫の悪性腫瘍(癌細胞)の治療法で治るか?効くか?悪性腫瘍_癌方法

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。