犬のメラノーマがん治療法。動物犬猫等の癌免疫細胞療法の試薬 がんワクチン開発効く?治る?

動物 獣医師 癌 悪性 研究会 免疫細胞療法 犬 猫 大阪市
癌ワクチン 獣医免疫細胞療法研究会 TEL 06-6452-2323
癌ワクチン 大阪府大阪市の動物再生医療の癌・アレルギー等の獣医免疫細胞療法研究会 癌ワクチン
研究会TOPがん治療への新たな挑戦 > T-DCDキット治療例(メラノーマ症例)

T-DCDキットがん治療例(メラノーマ症例)

腫瘍摘出手術後、腫瘍塊をホモジナイズして上澄み液を【T-DCDキット】に組み込んで犬(キキちゃん)に投与。その後正確に病理検査でメラノーマと判定。2週間後、冷凍保存してある腫瘍塊をもう一度【T-DCDキット】を使用して投与。メラノーマに関しては早期の再発が多いですが、4ヶ月経っても再発はありません。

メラノーマ直径3cm(悪性腫瘍) 4ヶ月後 再発無し


病理検査報告書





PAGETOP

犬のメラノーマ悪性腫瘍がん治療方法。動物犬猫等のがん免疫細胞療法の試薬 ワクチン開発は効く?治る?メラノーマがん治療法
がん試薬ワクチン。効くか?治るか?小動物のワクチン。犬・猫等のがん悪性癌ワクチン試薬開発は効く?治る?メラノーマがん

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。